EU産高濃度CBDオイルを輸入販売 PharmaHemp正規代理店 CBD LAB

15%CBDオイルドロップ CBD1500mg/10ml 純度99%CBDクリスタル使用

28,000円(内税)

定価 28,000円(内税)

CBD15%オイルドロップ

・CBD 1500 mg配合/10ml
・天然成分のみを使用
・専用スポイトで使い易い
・純度99%CBD結晶使用

CO2高圧プレッシャー抽出された高濃度CBDに、オリーブオイルを混ぜて作られた、天然成分だけを使用したCBDオイルです。専用スポイトに10滴〜15滴くらいを服用してください。保管は冷蔵庫が最適ですが、中身が凝固する場合があります。 使用前は一度常温に戻すと、中身が出やすくなりますので、その方法で摂取してください。 温度が高くなりすぎると、中身が柔らかくなりすぎて開封時に飛び出すことがありますので、ご注意ください。オイル10滴〜15滴ほどを口に含み、30秒ほど舌の上に含んでから飲み込んでください。詳しい摂取方法はページ内の動画を参考にしてください。 尚、お体に合わない場合は、直ちにご使用を中止してください。

《CBDとは》
植物である大麻草か抽出される天然成分の一つで、特にヨーロッパ産の産業大麻の茎と種から採取されたものが日本では流通している。
通常日本で禁止されているのはTHC(テトラヒドロカンナビノイド)という成分で、この成分には多幸感や抑揚感を与える作用がありアメリカやヨーロッパの一部の地域を除いては世界的にも禁止されている。 一方でCBDにはそのような作用は一切なく、むしろ抗酸化作用や体内のカンナビノイドと結合して自然治癒力を高めるサポートをします。 CBDは世界中どの国でも許可されている安全なヘンプ製品です。

《PharmaHemp社について》
PharmaHemp社はヨーロッパに本社を構え1965年からヘンプ製品の開発に携わってき歴史を持つ。化粧品を中心に展開してきたが、2011年より本格的にCBD用のヘンプの生産から加工までを行う事業をスタートさせた。こうすることで安定した供給源と、生産ラインを確保して世界的な需要に応えてきた。原料となるヘンプは公害の少ない都心から離れた村の無耕作地を利用して、丁寧に栽培される。 全ての生産工程を近くに集め、農作物としての鮮度も重要視している。 弊社は昨年ヨーロッパを訪れ社長を含めたスタッフと会談しました。 オーガニック製品ながら徹底した物作りの姿勢は大変感銘を受け、この度日本マーケットへの紹介に至りました。

《PH社製CBDの特徴》
最近国内でも多くのCBDブランドの製品も多く出回ってきましたが、PH社のCBDオイルの最大の特徴はコストパフォーマンスです。 国産の製品は安心を売りにしていますが、実際に使用されているCBDの含有量は少ないものが多く、高濃度とは言えない製品もたくさんあります。 CBD自身が今注目の成分であり、オイルなど他の成分はあくまでもCBDの引き立て役でしかありません。 30mlでも濃度が1%であれば、残りはその他のオイルでしかないのです。 もちろんその他のオイルも重要ですが、一番重要なのはCBDの純度と濃度で、高品質を求めるならどちらも高くないと意味がありません。 PHの製品は一部を除き、ほとんどが純度99%のCBDクリスタルから作られた製品で、そのクオリティーは業界屈指です。 5%CBDのエントリーレベルでも十分に違いを実感していただけると思います。(ちなみに5%はフルスペクトロムヘンプエクストラクトを使用、ナチュラルなヘンプの成分を存分に抽出した加工前のCBDペースト,99%CBD結晶になる前ロウヘンプの状態だと思ってください)

《使用方法》
オイル・ペーストとも使用方法は同じです。 まずはオイルの場合、専用スポイトでオイル10〜15滴ほど、ペーストの場合は1回に1目盛をスプーンでまたは直接舌の上にのせます。 舌下に投与できればベストではありますが、難しい場合は舌の上で問題ありません。 一度口に含んだ後、10〜30秒ほど口の中で味わってから飲み込みます。 すぐには飲み込まず、味覚でも繋がる方法がより効果を引き出します。 加えて、摂取後に深呼吸を10回ほど行い、呼吸を吐きながらCBDが体内に広がっていくイメージをしてみてください。 通常の私たちは30%程度の呼吸で生活しています。 意識して100%の深呼吸をすることで、脳や体に十分な酸素を取り入れることができます。 同時に気持ちも落ち着けることができるのでCBDの効果を最大限引き出せると思います。 

おすすめ商品

  • Go
  • 30代
  • 男性
  • 2017/07/28 23:48:12
もう少し値段が下がると理想です
アメリカから日本に引越しをしました。


アメリカでは合法化が進み医師から医療大麻を処方されていましたが、


日本ではCBDのみ違法では無く使用できるという事で


こちらで商品を購入させていただいています。


使用する人で使用量や使用回数が異なるので、


自身で試しながら適量を使用する事をお勧めします。


CBDはアレルギーが無ければ副作用は皆無なので安心です。


漢方薬と同じなので


使うほど自分にあった量を決めることができます。


こちらのCBDオイルはヨーロッパからという事で濃度の濃さも間違いありません。


アメリカの製品より安心して購入できる商品です。


アメリカでは当たり前に医療、健康補助として使用されています。


早く日本でも医師が処方できる時代が来る事を願います。


その時まで、応援しております!

ショップからのコメント
Goさん レビューありがとうございました。 アメリカのようにはいきませんが、CBDだけでも日本の方に試して欲しいと思っています(2017/07/28 23:52:17)
  • Sakaki
  • 40代
  • 男性
  • 2017/06/04 15:06:18
いつも使ってます
かれこれ5本は購入しました。

色々濃度は試しましたが、私には15%が一番いい感じがします。

摂取できる量を考えると高濃度の方が安心感はありますね。睡眠の質もはっきりと変わってきているのがわかります。

酒やタバコは一切やらないので、今はCBDでとても満足しています。

以前は時々気持ちが高揚して眠らないことがあったのですが、CBDを取り出してからはそんなのもなくなってきていると思います。

ですので、しばらく続けてみようと思っています

今後ともよろしくお願いします
  • Kuma
  • 40代
  • 女性
  • 2017/05/13 09:22:07
11歳の娘に飲ませています
我が家は、主人と娘2人に飲ませています。15%のオイルは下の子に飲ませてみました。以前は、違うメーカーのオイルを飲ませていたのですが、一番最初に買ったオイルは効果が全く見られず、6本買った時点でやめました。次のメーカーのものにして、3日目でチックが治まりました。それから、10ヶ月程飲ませていましたが、今回こちらのオイルを知り
飲ませて見ることにしました。以前は小さじに山盛り1杯を朝晩飲ませて、やっと治まる感じでした。それでも、オイルを始める前、ヘンプナッツを食べさせていた時は、大さじ山盛り2杯だったので、頑張って飲んでもらっていましたが、本人はとても嫌そうで可哀想だなと思いながら飲ませていました。そして今回、こちらのオイルでまずは5滴位かなと始めたら、「ママ、これ好き!喉がスッキリする」と、喜んで飲んでくれるようになりました。初日から、チックも治まり「頭がスッキリする。」と言っています。
  • Masa
  • 30代
  • 男性
  • 2017/04/23 13:57:27
5%よりは断然いいですね。
以前から5%を使用していたのですが、今回は思い切って15%購入してみました。 前にオーナーさんから味は5%よりも飲みやすいと言われていたので、抵抗もなく飲めましたし、15%の方が味がクリアーというか、雑味がない感じがしますね。

15%は金額的には張るので、普段使いの5%と併用するつもりです。

夜寝る前に摂取すると、朝まで心地よく眠ることができているような気もします。  

気長に使い続けてみますので、また経過を報告しますね。

今後ともよろしくお願いします